綿半ホールディングス

文字サイズ
小
中
大

株主・投資家のみなさまへ

経営方針

ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

当社は、持株会社としての当社およびグループの事業会社各社から構成される当社グループの全役職員の行動指針を明文で定め、当該精神に基づき、会社法、金融商品取引法およびその他の法令・規則を順守し、株主・投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に、当社に関する重要な情報を正確にわかりやすく、公平かつ迅速に、適時・適切に開示することに努めます。

2.開示情報の基準

開示すべき重要情報として、以下の情報を位置づけております。

  1. 1)東京証券取引所の定める適時開示規則等により開示する情報

  2. 2)適時開示規則に該当しないものの、投資家の投資判断に影響を与える可能性から自主的に開示する会社情報

但し、当社の利益を著しく損なう恐れがある特定の情報の開示については、この限りではありません。

3.情報開示の方法

東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システムである「TDnet」(Timely Disclosure Network)を通じて行っております。「TDnet」にて開示した情報に関しては、当社ホームページに速やかに掲載することとしていますが、「TDnet」による開示から遅れることもございます。従いまして、当社の開示情報を確認されたい場合は、当社ホームページとともに「TDnet」等他の情報媒体も併せてご参照ください。

4.沈黙期間

当社は、決算情報の漏えいを防ぎ、公平性を確保するため、通期、中間期、四半期の各決算期日の翌日から決算発表日までの間を沈黙期間とし、この期間内は当該四半期の決算に関する対外的コメントおよびお問い合わせへの回答は原則として控えさせていただきます。

5.将来の見通しに関わる開示方針

当社が開示する情報の中には、当社の将来戦略・見通し、業績予想等の「将来の見通しに関する記述」が含まれていることがありますが、それらの情報はその時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した予測であり、経済情勢や市場動向、諸制度の変更等の環境変化に関わるリスクや不確実な要素を含んでおります。投資等をご検討される際には、これらの情報に全面的に依拠されることがないようご留意されますようお願い申し上げます。

以上