雨漏りや環境問題を屋根・壁を改修して解消する、綿半鋼機のWKカバー工法サイトを新たに開きます。
雨漏りや環境問題を屋根・壁を改修して解消する、綿半鋼機のWKカバー工法。ご提案するのは現実的な変化と成果です。
綿半鋼機の屋根・外壁リニューアル専門サイト。ご提案するのは、現実的な変化と成果です。
 WKカバー1型断熱改修工法製品案内

長尺瓦棒屋根の断熱性能をもっと向上させるカバー改修工法です。

瓦棒屋根断熱改修工法構成図

改正省エネ法・温対法の対応策として、長尺瓦棒屋根のカバー断熱リフォームはいかがでしょうか?今ある屋根をはがさずに断熱材施工を行い、『インダイレクトクランプタイト』で鋼板屋根を間接固定。廃材を発生させることなく、操業は続けたままで断熱性能の向上を実現します。

瓦棒屋根断熱カバー改修工法の特長

断熱性能が大きく向上します。
屋根裏面温度の上昇を抑えます。

断熱材を施工することで断熱性能を高め、熱侵入の少ない屋根にします。

建物の省エネに貢献します。
建物の省エネに貢献します。

屋根の断熱性能が向上しますから、空調の負荷は軽減。エネルギー使用量を抑えます。

新開発の固定金物によって従来工法と比較して安全性と施工性がアップ。
雨漏り解消・美観向上など「今以上」をご提供します。

カバー工法は、腐食の進行や雨漏りの心配を解消します。

改修工事途中で雨が降っても大丈夫。
気象の変化に影響されない工法です。

屋根に穴を開けない間接固定金物を使用します。雨の多い時期でも心配無用です。

施工中の粉塵落下や漏水がありません。
普段とかわらない操業ができます。

断熱改修施工は屋根上で行いますから、生産活動はいつも通り続けることができます。

長尺瓦棒屋根断熱改修工法施工写真   長尺瓦棒屋根断熱改修工事(インダイレクト工法)途中写真
間接固定方法ですから、断熱材やカバー屋根施工時に建物には穴をあけません。内部はいつも通り営業することができます。

補助金等対応につきましては弊社までお問い合わせください。
グラスウール(密度各種)の他、建物・瓦棒屋根形状に合わせて各種断熱材を使用できます。
カラー鉄板、塩ビ鋼板、フッ素鋼板、耐候用アルミメッキ鋼板 等各種鋼板が使用できます。
使用屋根材の板厚は0.4mm〜0.8mm。瓦棒ピッチは、360mm〜455mmまで施工可能です。(標準寸法=420mm)
改修施工に適する最小屋根勾配は1/100です。
下地構成は「インダイレクト工法」を基本としています。

長尺瓦棒屋根改修関連ページ
長尺瓦棒屋根の雨漏りを改修したり環境対策するならこれ!今の屋根に穴を開けない WKカバー1型インダイレクト工法のページWKカバー1型インダイレクト工法
今ある瓦棒屋根に穴を開けずにカバー改修。
瓦棒屋根のリフォームをご希望の方にはWKカバー1WKカバー1型ダイレクト工法
ビスが表に出ないから雨漏りの心配がありません。
綿半鋼機が防水改修を考えるとこうなりました。瓦棒屋根・折板屋根などの断熱防水改修用。エムエフ ルーフシステム-Rのページへエムエフ ルーフシステム-R
断熱防水シート改修で住まいと地球のためにグレードアップ。
防水改修と太陽光発電システムを同時に施工する「エネブリッド」のページへ塩ビシート防水連結システム「エネブリッド」
防水改修と太陽光発電システムの同時施工をオススメします。
軽量な薄型太陽電池シートを、綿半鋼機ならではの間接固定法で瓦棒・折板屋根に取付けるページへ金属屋根+薄型太陽光発電システム
独自の間接固定法で、瓦棒や折板屋根に軽量な薄型太陽電池を。

お問い合わせ・資料請求はこちらから   ↑このページの上にモドル

綿半鋼機
壊せない時代のリニューアルに!既設の屋根・外装はそのままに、操業しながらリニューアル。
Copyright (c) WATAHAN KOUKI CO., LTD. All rights reserved.