綿半ホールディングス

文字サイズ
小
中
大

企業沿革

企業沿革

1598年
(慶長3年)
長野県飯田市で綿屋として創業
(以降、当主が代々「綿屋半三郎」を襲名し、「綿半」の名の由来となる)
明治初期 綿商いから金物店の経営に転換
1949年 株式会社綿半銅鉄金物店を設立、資本金20万円
(現、綿半ホールディングス株式会社)
1953年 株式会社綿半銅鉄金物店、資本金を500万円に増資
地元飯伊の高校進学希望者のために「竜峡育英会」をつくり、日本育英会に準じた支援を始める
1955年 株式会社綿半銅鉄金物店、長野県松本市に松本店を開設
以降、長野県と静岡県に事業所を順次開設
1957年 綿半共栄株式会社を設立し、保険代理店事業を始める
(後に野原共栄興産株式会社を経て、綿半野原総業株式会社)
長野県・静岡県の生活保護家庭の小・中学新入生へ学用品の寄付を行なう
1958年 株式会社綿半銅鉄金物店、資本金を1,000万円に増資
1961年 株式会社綿半銅鉄金物店、長野県松本市に最初の鉄骨の施工部門となる松本工事部を新設
1962年 株式会社綿半銅鉄金物店、静岡県静岡市に長尺屋根加工所を設置し、加えて施工加工を開始したことで屋根外装工事の基礎が築かれる
1964年 綿半学寮(後に菁莪寮)をつくり、飯伊の高校進学希望者を援助
1966年 株式会社綿半銅鉄金物店、綿半鋼機株式会社へ商号変更
東京都新宿区四谷に綿半野原ビル完成 綿半野原グループの東京本部となる
1967年 綿半鋼機株式会社、静岡県三島市に三島店を開設し、以降、東海・中部・関東・関西に事業所を展開
綿半地所株式会社を設立
(後に綿半興産株式会社、綿半緑化株式会社、綿半インテック株式会社を経て、綿半鋼機株式会社に合併)
1968年 飯田軽石ブロック工業株式会社を譲り受け、綿半コンクリート工業株式会社に商号変更
(1975年に綿半建材工業株式会社に商号変更)
綿半鋼機株式会社、資本金を1億円に増資
1970年 綿半鋼機株式会社、静岡県大井川町に鉄骨加工場として静岡工場を新築
(現、綿半テクノス株式会社 静岡工場)
その後、鉄骨加工で得た技術を生かして鉄骨請負工事、橋梁請負工事を展開
1974年 綿半鋼機株式会社、資本金を2億円に増資
綿半地所株式会社、造園工事を開始
1977年 長野県長野市にホームセンターの運営を目的に株式会社綿半ホームエイドを設立
長池店(1号店)をオープン
1980年 東京都新宿区四谷に綿半野原ビル別館完成
社会福祉法人綿半野原積善会の設立を支援
綿半野原積善会は軽費老人ホーム・ヴィラ緑風苑を開設
1981年 綿半鋼機株式会社、資本金を4億3千万円に増資
1987年 綿半鋼機株式会社、長野県下伊那郡高森町に鉄骨加工場として
飯田工場を新築(現、綿半テクノス株式会社 飯田工場)
1991年 綿半鋼機株式会社、長野県飯田市に本社ビル完成
1992年 株式会社綿半ホームエイド、全店にPOSシステムを導入
1993年 綿半野原グループ、信州博覧会へ出展
1995年 綿半鋼機株式会社、鉄構事業部を独立させ、綿半テクノス株式会社を設立
1996年 株式会社綿半クリエイティブプロダクツを設立し、化粧品代理店販売を開始
1999年 綿半テクノス株式会社、自走式立体駐車場事業を開始
綿半野原総業株式会社、飯田市美術博物館へ美術品を寄贈
2000年 株式会社綿半ホームエイド、県内を中心に10店舗となる
綿半建材工業株式会社と綿半緑化株式会社が合併し、綿半インテック株式会社となる
社会福祉法人綿半野原積善会は、西部デイサービスセンター「桑の実」を開設
2002年 綿半インテック株式会社、緑化事業部がISO9001を認証取得 株式会社綿半ホームエイド、長野物流センターを稼動
2003年 綿半グループ組織再編、綿半鋼機株式会社は綿半ホールディングス株式会社に改称し持株会社になる
事業部門は綿半鋼機株式会社(新会社)と綿半インテック株式会社に事業譲渡
2004年 綿半鋼機株式会社、鉄筋部門を分社し綿半鉄筋株式会社を設立
2005年 株式会社綿半ホームエイド、長池店・諏訪店に日配品を導入
社会福祉法人綿半野原積善会は、特別養護老人ホーム「かざこしの里」を開設
2006年 綿半野原総業株式会社と株式会社綿半クリエイティブプロダクツが合併し、株式会社綿半クリエイティブプロダクツとなる
2007年 株式会社綿半ホームエイド、長池店に生鮮食品を導入しスーパーセンター化
2008年 株式会社綿半ホームエイド、伊那物流センターを稼動
株式会社綿半クリエイティブプロダクツの貿易事業を株式会社綿半ホームエイドへ、CP事業と保険代理店事業はグループ外に事業譲渡
綿半テクノス株式会社、駐車場事業部東京事務所がISO9001を認証取得
株式会社綿半ホームエイド、スーパーセンター箕輪店オープン
綿半鋼機株式会社、四季の窓製造部がISO9001を認証取得
2009年 株式会社綿半クリエイティブプロダクツ、ケムドライ事業を株式会社シマコーへ事業譲渡
綿半ホールディングス株式会社、株式会社綿半クリエイティブプロダクツを吸収合併
2010年 綿半ホールディングス株式会社、ミツバ貿易株式会社の全株式を取得し、100%子会社とする
株式会社シマコー、リフォーム事業を綿半鋼機株式会社へ事業譲渡
綿半テクノス株式会社、駐車場事業部東京事業所がISO140001を認証取得
2012年 綿半グループにおける建設事業の再編、綿半鋼機株式会社が株式会社シマコーを合併
綿半テクノス株式会社の駐車場事業と建築事業を綿半鋼機株式会社に事業譲渡
株式会社綿半ホームエイド、スーパーセンター千曲店オープン
2013年 綿半グループにおける建設事業の再編、綿半インテック株式会社の橋梁事業を綿半テクノスに事業譲渡
綿半鋼機株式会社が綿半インテック株式会社を合併
2014年 ライトアットホーム株式会社を綿半鋼機株式会社の100%子会社として設立
東京証券取引所市場第二部上場
綿半ホールディングス株式会社、資本金を8億4,440万円に増資
2015年 綿半ホールディングス株式会社、資本金を9億5,140万4千円に増資
社会福祉法人綿半野原積善会は、特別養護老人ホーム「笑みの里」を開設
株式会社綿半ホームエイド、スーパーセンター豊科店オープン
株式会社綿半ホームエイド、スーパーセンター塩尻店オープンにより18店舗となる
綿半ホールディングス株式会社、株式会社キシショッピングセンターの全株式を取得し、100%子会社とする
東京証券取引所市場第一部上場
2016年 綿半鋼機株式会社と綿半テクノス株式会社が合併し、綿半ソリューションズ株式会社となる
ミツバ貿易株式会社、綿半トレーディング株式会社へ商号変更
綿半ホールディングス株式会社、株式会社Jマートの全株式を取得し、100%子会社とする