綿半ホールディングス

文字サイズ
小
中
大

企業沿革

企業沿革

1500年代 織田家の家臣として活躍
1582年 本能寺の変の後、長野県飯田市に身を寄せる。
1598年
(慶長3年)
飯田市で綿屋として創業
(以降、当主が代々「綿屋半三郎」を襲名し、「綿半」の名の由来となる)
江戸中期 飯田藩御用達商人として名字帯刀を許され、野原姓を名乗る
江戸後期 家格番付表で最高位の東大関となる
1868年 綿商いから金物店の経営に転換
1949年 株式会社綿半銅鉄金物店(現、綿半ホールディングス株式会社)を資本金20万円で設立
1953年 地元飯伊の高校進学希望者のために「竜峡育英会」をつくり、日本育英会に準じた支援を始める
1957年 長野県・静岡県の生活保護家庭の小・中学新入生へ学用品の寄付をはじめる(現在は店舗・事業所のある地域を対象に順次拡大)
1961年 長野県松本市に松本工場を新設し、鉄骨加工を開始する
1962年 静岡県静岡市に長尺屋根加工所を設置し、屋根外装工事の基礎が築かれる
1964年 綿半学寮(後に菁莪寮)をつくり、飯伊の高校進学希望者を援助
総合家庭用品店、綿半ストアー飯田店開店
1965年 メキシコオパール取り扱い開始
長野県の気候風土を生かし、緑化事業を開始する
1966年 東京都新宿区四谷に綿半野原ビル完成 綿半野原グループの東京本部となる
1967年 静岡県に三島店を開設し、以降、東北・関東・中部・東海・関西・九州・沖縄に事業所を展開
1969年 家具・インテリアを扱う、リビングストアー伊那店開店
1970年 静岡工場を新設し、鉄鋼加工の生産能力を増強。
その後、鉄骨加工で得た技術を生かして橋梁工事を展開
1972年 内装工事を開始する
1977年 ホームセンターの運営を目的に株式会社綿半ホームエイドを設立
長野県に長池店(1号店)をオープン
1979年 メキシコ産植物原料輸出のため メキシコ現地法人ワタハン・デ・メヒコ開設
1980年 社会福祉法人綿半野原積善会の設立を支援
軽費老人ホーム「ヴィラ緑風苑」を開設
1981年 江南店を開店し、愛知県に進出
1983年 工場の操業を止めずに屋根の改装を行うカバー工法を開発
1987年 家庭向け2段式立体駐車場を開発し、現在の自走式立体駐車場事業の基礎が築かれる
1991年 長野県飯田市に本店ビル完成
1992年 綿半ホームエイド全店にPOSシステムを導入
1995年 神奈川県に製薬研究所開設
1999年 創業400年を記念し、飯田市に美術品約400点を寄贈
2000年 デイサービスセンター「桑の実」を開設
静岡工場・飯田工場・鉄構営業部がISO9001を認証取得
2001年 ヴィラ緑風苑がISO9002を軽費老人ホームとして長野県初取得
2002年 長野物流センターを稼動
2003年 綿半グループ組織再編により、グループをホールディングス制に
2005年 長池店に日配品を導入しスーパーセンター化
特別養護老人ホーム「かざこしの里」を開設
2007年 長池店に生鮮食品を導入し、フルラインのスーパーセンター1号店となる
その後順次スーパーセンター化を進める
メキシコにキャンデリラ精製工場を開設
2008年 地域の青少年育成の一環として『わたしの「ふる里自慢」絵画コンクール』を開始
2010年 ミツバ貿易株式会社(現、綿半トレーディング株式会社)がグループ入り
2012年 低温物流センター稼働
古紙・ペットボトルなどの店頭回収を受けつけるリサイクルステーションを設置
2013年 地域コミュニケーションの場「cotton1598飯田ショールーム」を開設
その後、順次店舗に展開
2014年 訪問介護サービスを目的にライトアットホーム株式会社を設立
東京証券取引所市場第二部上場
世界の暮らしを紹介するコラボレーションギャラリー「綿半銀座ギャラリー」を開設
2015年 株式会社キシショッピングセンター(現、株式会社綿半フレッシュマーケット)がグループ入り 食品スーパーに参入
特別養護老人ホーム「笑みの里」を開設
「綿半飯田野球場」のネーミングライツを取得
東京証券取引所市場第一部上場
2016年 株式会社Jマート(現、株式会社綿半Jマート)がグループ入り。店舗網を山梨県・神奈川県・東京都・埼玉県に拡大
駐車場の海外展開を目的に、ミャンマー現地法人シンワタハンカンパニーリミテッド設立
英国王立園芸協会主催のチェルシーフラワーショーにてシルバーメダルを獲得
「綿半フットボールパークFUTSAL POINT塩尻」を開設
「雨水貯留機能付コラム柱」開発
超大型大開口サッシ「GLAMO」発売
2017年 綿半グループ共同仕入会社として、綿半パートナーズ株式会社を設立
2018年 可児店オープンにより岐阜県に進出
株式会社アベルネットがグループ入り
2019年 株式会社丸三三原商店がグループ入り