担当者に訊く

サイエンスホーム社長専務

こだわりの真壁工法を実際に活用したサイエンスホーム本社(静岡県浜松市)にて

高温多湿な日本に最適な真壁しんかべ工法

【加納】木を使った日本古来の家に住むべき―。そんな強い想いをもって、2011年にサイエンスホームを立上げました。日本人は昔から木とともに暮らしてきました。日本最古の木造建築として有名な法隆寺をはじめ歴史的な建造物はいずれも木造で、その技術が高く評価されています。
私は二十代の頃から木の家にこだわり、伝統的な工法「真壁づくり」と最新の加工技術で、高品質かつ低価格な木造住宅を提供しています。
私は商品開発を専門に行い、営業のプロである専務の大石に営業や広報活動を一任しています。

【大石】真壁工法は、家を支える柱がいわば“むき出し”になっている工法です。日本の気候は、夏は湿気が多く冬は乾燥しやすいため、湿気を吸ったり吐き出したりする木は、性質を知り尽くした先人たちによって生み出された日本にとって最適な建材なのです。
そもそも、私たちは有史以前から森の中でずっと木とともに暮らしてきました。無垢の木に囲まれた家に住むということは、家に居ながらにして森林浴のようなリラックス効果が得られると言えます。木のストレスフリー効果の好影響は千葉大学の教授らの研究によって科学的にも証明されています。

フランチャイズ加盟店は創業から8年で北海道から沖縄まで全国に拡大

サイエンスホーム

【加納】多くのお客さまに私たちの考え方や価格に共感いただき、全国の工務店からも高い評価と称賛をいただいたので、同じ志をもった仲間を集めてフランチャイズ展開を開始しました。創業して8年、現在では全国各地に127の加盟店を有するまでに成長してきました。
加盟店は同じ志を持っている仲間なので、加盟金もロイヤリティもいただいていません。当社が造る木造住宅に本気でほれ込んで加盟してくれる方々が仲間になってくれるからこそ、サイエンスホームが強くなれているのだと思います。
おかげさまで、2014年・2015年に2年連続でグッドデザイン賞を受賞し、2019年8月度のSUUMO注文住宅ハウスメーカー・住宅メーカーのアクセスランキングでは全国6位になるまで高い支持を得ています。

綿半グループの信頼を強みに、より多くの方に理想の住宅を提供します

【大石】これまで、高品質な住宅を低価格で提供することに尽力してきましたが、綿半グループの一員に加わったことで、資材の研究・開発や調達コストをより低下させることが期待できます。また、信頼性も向上し、当社が造る木造住宅の知名度も格段と上がるはずです。その結果、理想の家で幸せな家庭を育む人たちが増えることをとても嬉しく思っています。

【加納】木は、自然の素材であり、一本一本性格や性質が違います。それが、家本来の持つ味わいであり、安らぎです。
これからも、住めばすむほど愛着の増す、家族の歴史が刻まれる家を造り上げていきますので、応援いただければ幸いです。

※2019年11月20日発行「綿半レポート(2020年3月期中間)」に掲載